スポーツ笑顔のメッセージ

アスリートから子どもたちへ。希望を届けるメッセージ。

被災地の学校の事情等により、スポーツ笑顔の教室を実施できないすべての子どもたちに対し、熱きこころを持ったトップアスリートのメッセージを届けるプログラムです。アスリートのメッセージが書かれた下敷き配布のほか、パソコン携帯電話などを通じて多くの夢先生のメッセージを子どもたちに届けます。

伊達公子(テニス)

プロフィール

伊達公子(だてきみこ)

競技:テニス

生年月日:1970年9月28日

出身地:京都府京都市

小学1年生よりテニスを始め、園田学園高等学校卒業と同時にプロに転向。1990年に全豪オープンでベスト16に進出したのを皮切りに活躍を続け、1994年には日本人選手としては初めてWTAランキングでトップ10入り。1996年引退。子供たちにテニスを通じてスポーツの楽しさを伝える活動は、開始から10年を迎えている。2008年4月再びプロテニスプレーヤーに復帰。同年11月の全日本選手権でシングルス・ダブルスともに優勝を飾る。
2011年ウィンブルドン選手権2回戦のビーナス・ウィリアムズとの試合では1996年準決勝のグラフとの試合以来、15年ぶりのセンターコートに立った。
2013年1月に全豪オープンシングルスにて3回戦進出、同年6月にウィンブルドン選手権にて3回戦進出などの史上最年長記録を更新している。自己最高世界ランクは日本人最高の4位。

photo

photo

QRコード

スマートフォン・携帯電話からも
アスリートのメッセージを
見ることができます。