スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2013.10.29

宮城県 利府町立利府小学校 5年3組

萩山 竜馬

夢先生
萩山 竜馬(アメフト)

photo

宮城県利府町立利府小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたはアメリカンフットボールXリーグのオービックシーガルズ所属 萩山竜馬選手。
「遊びの時間」では俊足を披露した後、鬼ごっこやだるまさんが転んだなどのゲームに児童と一緒に挑戦して盛り上がりました。
「対話の時間」では、ちょっとしたきっかけで18歳の時にアメリカンフットボールを始めたが、そこからアメリカフットボールが好きになり本場アメリカでプロに挑戦した経験を話しました。「好きなことを始めるのに遅いという事はない。一生懸命取り組んでいれば成長を続けることができる。そして自信をもって取り組むことが大切。苦しい時やつらい時は自分が夢を叶えた姿を想像して壁を乗り越えてもらいたい」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo