スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2013.09.30

宮城県 石巻市立和渕小学校 5年1組

小林 幸一郎

夢先生
小林 幸一郎(クライミング)

photo

宮城県石巻市立和渕小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは視覚障害を持つフリークライマーの小林幸一郎さん。
「遊びの時間」では、目隠しをしてゲームにチャレンジして、視覚障害を持つ人の不安、自分たちにできること等、児童は様々なことを感じ取ってくれたようです。
小林さんは「対話の時間」では、自分が置かれた状況の中で、自分にできることを前向きに考えることの大切さについて語りました。そして「できないことを悩むのではなく、自分にできることを考えよう。夢や目標はじっと待っていても向こうからは近づいてこない。ゆっくりでもいいから歩き続けることが大切」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo