スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

佐藤 真海先生のレポート

一覧へ

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2013.09.24

宮城県 気仙沼市立小泉小学校 6年1組

佐藤 真海

夢先生
佐藤 真海(陸上)

photo

宮城県気仙沼市立小泉小学校6年1組を対象に行われた「スポーツ笑顔の教室」。夢先生を務めたのは女子走り幅跳びでパラリンピック出場経験を持ち、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致の最終プレゼンでスピーチを行った佐藤真海選手。佐藤選手は「遊びの時間」と「対話の時間」を通して「大事なのは失ったものを嘆くのではなく、自分にあるものを最大限に出すことを考えること」とメッセージを送りました。

photo