スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2013.09.10

福島県 浪江町立浪江小学校 56年1組

京谷 和幸

夢先生
京谷 和幸(車椅子バスケットボール)

photo

元車椅子バスケットボール日本代表で、パラリンピック4大会連出場を果たした京谷和幸氏が、福島県浪江町立浪江小学校の5・6年生を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。京谷氏は夢だったプロサッカー選手になった後、交通事故を起こしてしまい足が動かなくなり、一生を車いすとともに過ごす事になった話を披露。児童には「おかげで車いすバスケットと出会い、みんなとも出会えた。夢の大きさや形は関係ない。人それぞれで良くて、比べるものでもない。感謝の気持ちを忘れずに歩んでいってほしい」とメッセージを伝えました。

photo

photo