スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2013.08.27

岩手県 釜石市立平田小学校 5年1組

小林 幸一郎

夢先生
小林 幸一郎(クライミング)

photo

釜石市立平田小学校5年1組を対象にスポーツ笑顔の教室を実施しました。夢先生を務めたのは視覚障害を持つフリークライマーの小林幸一郎さん。「遊びの時間」では目隠しをして様々なゲームに挑戦しました。普段とは違う感覚に戸惑う児童たちでしたが、積極的に取り組んでいました。「対話の時間」では、小林さんは視力が落ちていく過程の中で苦しんだことや、いろいろな人の支えがあって前に進むことが出来た体験を語り、「友達の存在を近くに感じたり、友達はいいなと感じてくれると嬉しいです。そして周りのことを考えられる大人になってください」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo