スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.07.17

宮城県 多賀城市立第二中学校 2年4組

鶴岡 剣太郎

夢先生
鶴岡 剣太郎(スノーボード)

photo

宮城県多賀城市立第二中学校2年4組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元スノーボード選手でトリノオリンピックに出場した鶴岡剣太郎さん。
今日の話のテーマは「最高だよ」と思える瞬間。「今からできること」について話をしていきます。と、伝えたところから授業が始まりました。鶴岡さんがスノーボードを始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。その中でも“決断する”“あきらめないで、やり続ける”“サインに気を配る”という3つのことが必要だと熱く語り掛けました。最後に「最高と思える瞬間のために、やってやろうと自分で決断した。そして、あきらめずにやり続けること、そして色々なものに目を向けることや、違った視点や角度から見ることで、自分にとってのチャンスになるサインを見つけてほしい」と生徒達へメッセージを送りました。

photo