スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.07.01

岩手県 宮古市立津軽石中学校 2年A組

小林 弥生

夢先生
小林 弥生(サッカー)

photo

岩手県宮古市立津軽石中学校2年A組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」オンライン版を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手でなでしこジャパンとしても活躍した小林弥生さん。
冒頭に、日テレ・東京ヴェルディベレーザ時代やなでしこジャパンで活躍していた時の写真を見せながら自己紹介をしました。
その後は、小林さんがサッカーを始めてから「日本代表としてオリンピックに出場する」という夢を叶えるまでの話を披露。年上の選手に混ざって上手くいかない時や、海外の選手に通用しなかった時に考えて行動した経験を伝え「努力=考えて行動すること」と経験の中から伝えました。
話の途中、生徒に自分の夢や目標について書いてもらうと、夢を発表してくれる子生徒も。「イラストレーターになりたい」と夢を発表してくれた子に弥生さんは「似顔絵を書いて欲しい」とやりとりをする場面もありました。
話の最後には「大ケガをして小林弥生は終わったと世間から言われた時には、家族やチームメート、ドクター・トレーナーが励ましの声をかけてくれたから頑張る事ができた。みんなもこれから辛い事があったとしても自分を信じて、味方を信じて、チームで戦え、ひとりじゃない」と伝えました。

photo

photo