スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.01.24

岩手県 宮古市立第一中学校 2年2組

川股 要佑

夢先生
川股 要佑(サッカーフットサル)

photo

岩手県宮古市立第一中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、サッカーとフットサルのプロ選手として活躍した川股要佑さん。
「ゲームの時間」では最初にリフティングを披露。また体育館の端から端にロングキックを蹴ると生徒から拍手が起こりました。その後は川股さんと生徒が協力しながらゲームに挑戦。最初はなかなかエンジンのかからなかった生徒もクリアがかかった勝負では、抜群の協力を発揮し見事クリアする事が出来ました。生徒に向け川股さんは「みんなが一生懸命取り組む姿は素敵だった。これからも大切にして欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、川股さんがサッカーと出会ってから「プロサッカー選手」という夢を叶えるまでの話を披露。北海道出身の川股さんは、東京のチームに誘われ上京する事を自分で決意します。その後、高校卒業後すぐにプロサッカー選手になることの出来なかった川股さんでしたが、スペイン修行に行く事を自ら選び挑戦。帰国後に「プロサッカー選手」という夢を叶える事が出来ました。話の最後に川股さんは生徒に向け「みんなはもう中学生。何をしたいのかどんな努力をするのかを、自分で決めて行動してほしい。そうすれば夢に近づく事が出来る」と伝えました。

photo

photo