スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.01.22

岩手県 釜石市立釜石東中学校 2年B組

西山 淳哉

夢先生
西山 淳哉(ラグビー)

photo

岩手県釜石市立釜石東中学校2年B組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ラグビー選手の西山淳哉さん。
「ゲームの時間」では、西山さんと生徒たちが一緒にゲームに挑戦。お互いに意見を出し合い作戦
を立て、色々と試行錯誤しながらも全員で協力してクリアを目指しました。
西山さんは、「チームワークとは、みんなで決めたことをみんなで実行したり、その中でそれぞれの役割・仕事を果たすこと。自分がこのクラスの中で何ができるか、これからのクラスの仲間との生活にも活かして、より良い集団にして行って欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小・中学生時代は努力が苦手で何かを続けることができなかったという西山さんが、高校時代にラグビーと出会い、ラグビーが好きになったことで、努力ができるようになったという自身の競技人生を伝えました。西山さんは、「ラグビーと出会って、まず高校3年間ラグビーを続けられたということが自分の自信になった。何かを続けることは難しいけれど、続けてみると何か得られるものがあるかもしれない」と生徒たちにメッセージを伝えました。

photo

photo