スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.01.21

福島県 南相馬市立原町第一小学校 5年2組

西嶋 弘之

夢先生
西嶋 弘之(サッカー)

photo

福島県南相馬市立原町第一小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の西嶋弘之さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に西嶋さんがキックを披露。最初児童に蹴ってもらい、西嶋さんがキックをするとその迫力に見ていた児童から拍手が起こりました。その後は西嶋さんと児童が協力しながらゲームに挑戦します。クリアする為の作戦を少しずつ積み重ねることで、ラストチャンス見事クリアする事が出来ました。一緒に挑戦した西嶋さんは「みんなが考えた作戦で挑戦できたからよかった。時々頭から作戦が抜けている時や忘れている時があった。今後そういう場面があった時には、一度冷静になって作戦を思い出すことも大切」と児童に伝えました。
「トークの時間」では、西嶋さんが「プロサッカー選手」という夢を持ち、プロサッカー選手として活躍するまでの話を披露。高校卒業後、プロサッカー選手という夢を叶えた西嶋さん。しかし入団したチームは層が厚く、本来のFWというポジションで出場することが出来ませんでした。その時にずっと苦手だったDFの役割を少しずつやっていく事で、自分の可能性を広げることが出来たと語りました。話の最後には「みんなもこの先、もしうまくいかない事があったとしても諦めずに目の前の事を一生懸命頑張っていれば可能性が開ける時が来る。その事だけ覚えておいてほしい」と伝えました。

photo

photo