スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.01.17

宮城県 名取市立増田小学校 5年4組

米澤 穂高

夢先生
米澤 穂高(スキースキー・モーグル)

photo

宮城県名取市立増田小学校5年4組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、スキー・モーグル競技の選手として活躍した米澤穂高さん。
「ゲームの時間」では米澤さんもクラスの中に入り、協力しながらゲームに挑戦。失敗を繰り返しながら、試行錯誤する事で少しずつゴールに近づいていきました。米澤さんは児童に向け「最初はなかなか協力ができなかったけど、だんだん協力する事が出来るようになった。次回は最初から協力できるとクリア出来るかもしれない」と伝えました。
「トークの時間」では、米澤さんがスキーを始めてからモーグルと出合い「オリンピックで金メダルを獲る」という夢に近づいていくまでの話を披露。大学生で日本代表候補に選ばれる事ができた米澤さん。しかしその事でまわりから注目されるようになり、人の目を気にして本来の自分を見失ったと語りました。しかし友達に「ミスしていいんだよ。少しずつミスの回数を減らしていけば?」と声をかけてもらったことで、気持ちが軽くなったという米澤さんは、その後ワールドツアーに参加するなど復活を果たしました。授業の最後には「最終的にオリンピックで金メダルは取れなかったけど、色々な経験が出来た。だからみんなにもまずやってみる事、そして出来るまでやってみる事。ミスしても良い!という事を心に置いて生活して欲しい」と児童に伝えました。

photo

photo