スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2020.01.17

宮城県 名取市立増田小学校 5年3組

米澤 穂高

夢先生
米澤 穂高(スキースキー・モーグル)

photo

宮城県名取市立増田小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、スキー・モーグル競技の選手として活躍した米澤穂高さん。
「ゲームの時間」では米澤さんも児童の中に入り、1つのチームとなってゲームに挑戦。上手くいかない時には、お互いの意見を出し合いながら作戦を立てて再挑戦。少しずつゴールに近づく事が出来ました。一緒に挑戦した米澤さんは「最後にクリア出来なくて悔しいね。全員が絶対に出来る!クリアしたい!って思っていないとクリア出来ないと思います。でもこの時間、ルールを守る事そしてみんなの正直な所はすごく素敵だった。」と児童に伝えました。
「トークの時間」では、米澤さんがスキーを始めてからモーグルと出合い、夢に近づいていくまでの話を披露。小さい頃から何でもやってみる性格だった米澤さん。スキーも当時の習い事4つのうちの1つでした。その後高校生でモーグルを知り、やってみたいという気持ちになった米澤さんは大学生の大会に出場しようと大会事務局に電話。高校生だった為、何度も断られましたが最終的には出場し、300人中33位というデビューを果たしました。授業の最後には「最終的にオリンピックで金メダルという夢は叶える事が出来ませんでしたが、とにかくやってみることで色々な経験をする事が出来ました。みんなも迷ったときはぜひ挑戦して欲しい」と児童に伝えました。

photo

photo