スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.12.05

宮城県 名取市立館腰小学校 5年2組

相澤 優子

夢先生
相澤 優子(バスケットボール)

photo

宮城県名取市立館腰小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、バスケットボール元日本代表キャプテンの相澤優子さん。
「ゲームの時間」では、相澤さんとバスケットボールを習っている児童が協力してシュートに挑戦。ラストチャンスを相澤さんが決めると見ていた児童から拍手が起こりました。その後は相澤さんと児童が協力しながらゲームに挑戦。それぞれの役割をしっかりとこなしながら、少しずつゴールに近づく事が出来ました。
「トークの時間」では、相澤さんがバスケットボールを始めてから夢を叶えるまでの話を披露。高校卒業後、シャンソン化粧品に入った相澤さん。しかし当時、常勝軍団だったチームでスタメン出場する事が出来ませんでした。その後、一度大学に進み競技を続けていましたが、卒業のタイミングで富士通からオファーが。学校の先生という話も来ていたため悩みますが「今しかできない事、やりたい事をする」と心に決め、富士通を選びます。そこでの活躍が認められ、翌年シャンソン化粧品に復帰。長年の目標だったスタメン出場を叶える事が出来ました。相澤さんは話の最後児童に向け「みんなも今しかできない事、やりたい事を自分の意思で決めてほしい。もし自分で決めなかったら後悔するし、人のせいにすると思うから」と伝えました。

photo

photo