スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.11.25

福島県 相馬市立中村第一中学校 2年2組

首藤 甲子郎

夢先生
首藤 甲子郎(ラグビー)

photo

福島県相馬市立中村第一中学校2年2組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元ラグビー選手の首藤甲子郎さん。
「ゲームの時間」では、首藤さんと生徒たちが一緒にゲームに挑戦。どうしたらうまくいくか、お互いに意見を出し合い作戦を立て、全員でクリアに向けてゲームを楽しんでいました。
首藤さんは、「一つの目標に対して、気持ちを一つにして動くことができたし、みんなで決めたことをみんなで実践することができた。このクラスとしてのまとまりを今後も活かして行って欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学1年生の時にラグビーと柔道に出会ったという首藤さんの幼い頃の話から始まりました。小・中学生とスポーツ漬けの日々を送っていた首藤さんは、「ラグビー日本代表になりたい」という夢に向かって、その時その時の目標や、「その目標に対して自分は何ができるのか」ということを考えながら行動を重ねることを大事にして来たという自身の経験を語りました。
「夢・目標を持ち、そこに対して考えて行動すること。夢は未来を変える。決められたものではなく、自分のやり方でどんどんチャレンジをしていって欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo