スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.11.15

福島県 新地町立尚英中学校 2年2組

池田 めぐみ

夢先生
池田 めぐみ(フェンシング)

photo

福島県新地町立尚英中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのはフェンシングで2度のオリンピック出場の経験を持つ池田めぐみさん。
「ゲームの時間」の冒頭にはフェンシングの剣を実際に見てもらったり、競技の特徴などを説明しました。その後は、池田さんと生徒達がチームになってゲームに挑戦。ゲームをうまくクリアするにはどうしたらよいかと作戦を立てながら挑戦をし続け、見事にいくつものゲームを皆でクリアしました。
まとめの言葉として池田さんは「皆で活発に意見を出し合ってゲームに挑戦する事ができた。お互いに意見を聞き合う事も必要。これからもこのチームワークを大切にしてほしい。」というメッセージを伝えました。
「トークの時間」では、池田さんがフェンシングに出会ったきっかけや、夢に向かうまでの話を披露しました。
オリンピックに出たいという夢を諦めてしまった時期もあったという池田さん。まわりの人からの言葉で池田さんは、まとめの言葉で「夢はいくつあっても良いと思う。叶う夢もあれば、叶わない夢もあると思う。自分の人生の中で、夢はいつでも生きる力になっていたので、皆も夢を持ったらまずは一歩踏み出してみてほしいです。」というメッセージを送りました。

photo

photo