スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.11.08

岩手県 大船渡市立日頃市小学校 5・6年1組

上村 美揮

夢先生
上村 美揮(体操)

photo

岩手県大船渡市立日頃市小学校5・6年生の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生は、元体操日本代表で北京オリンピックに出場した経験を持つ、上村美揮さん。
「ゲームの時間」では、上村さんと児童が一緒にゲームに挑戦。お互いに意見を出し、声を掛け合いながら、協力してクリアを目指しました。
上村さんは、「みんなで協力ができたこと。うまくいかないこともあったけれど、失敗から学ぶこともある。自分で頑張る時、協力する時、色々な場面において活かしていって欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学校の校長先生からの勧めがきっかけで体操を始めたという、上村さんの幼い頃の話から始まりました。「オリンピック選手になりたい」という夢ができてから、週に6回、7回と増えていく練習に取り組み、その中で怪我をしてしまったこともあったそうです。オリンピックを目指す中で、うまくいくことばかりではなかったそうですが、そのような時も「体操が好き・楽しい」という気持ちを大切にしながら、夢へと向かっていった自身の経験を語りました。
上村さんは、「自分の好きなこと、周囲の支えてくれる人を大切にしていって欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo