スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.24

宮城県 山元町立山下中学校 2年2組

相澤 貴志

夢先生
相澤 貴志(サッカー)

photo

宮城県山元町立山下中学校2年2組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元Jリーガーの相澤貴志さん。
「ゲームの時間」では、相澤さんと生徒たちが一緒になってゲームに挑戦。どのようにしたらうまくいくか、お互いにアイディアを出し合ったり、ゲーム中も声を掛け合ったりしながら、全員で協力してクリアを目指しました。
相澤さんは、「いろいろな意見が出て、みんなで工夫をしてゲームに取り組むことができた。一人一人が力を合わせて、お互いに"こうしよう!"という作戦を共有して取り組むことが大切」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、「Jリーガー」に憧れながらもなかなかサッカーでの成績が出なかったこと、高校でゴールキーパーに転向した相澤さんが目標だった全国大会へ出場し、Jリーガーという夢を叶えたこと。なかなか試合に出られない日々が続いても、「準備」を怠らずレギュラーを掴んだという自身の経験を語りました。
相澤さんは、「GKは準備が全て。どんな時でも手を抜かず、今の自分ができることを精一杯やること。チャンスが来た時にしっかりと準備してきたことが活かせるようにという"準備"を大切にして欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo