スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.29

宮城県 名取市立愛島小学校 5年3組

坪井 保菜美

夢先生
坪井 保菜美(新体操)

photo

宮城県名取市立愛島小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元新体操選手で北京オリンピックに出場した経歴を持つ坪井保菜美さん。
「ゲームの時間」では、初めに坪井さんがデモンストレーションとしてリボンを使った演技を披露しました。その後は坪井さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジ。うまくいかない時は、皆で意見交換をし協力する事でゲームのクリアを目指していきました。まとめの言葉で坪井さんは「皆で協力をして意見を出し合いながらゲームをクリアすることができた。これからの学校生活でも協力することが必要になる時があると思うので、今日の活動を忘れないで下さい。」というメッセージを送りました。 
「トークの時間」では、坪井さんが新体操を始めたきっかけや、挫折を乗り越えた話、夢を叶えるまでの話を披露しました。何でもまずはやってみることが大切だと伝え、出来ないことを出来るようにするまでの過程が努力ということ。出来た時は自信になると話しました。まとめの言葉として、「つらいこともたくさんあったけれど夢を叶えたことは宝物になった。みんなもチャレンジ精神を持って頑張ってほしいです。」というメッセージを伝えました。

photo

photo