スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.16

宮城県 亘理町立亘理小学校 5年3組

髙良 亮子

夢先生
髙良 亮子(サッカー)

photo

宮城県亘理町立亘理小学校5年3組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元なでしこジャパンの髙良亮子さん。
「ゲームの時間」では、髙良さんと児童が一緒になってゲームに挑戦。お互いにアイディアを出しながら作戦を立て、全員で最後まで諦めずにクリアを目指しました。
髙良さんは、「クラスのみんなで協力して取り組むことは、今日だけではなくこれんらも大事になってくる場面がたくさんあると思う。これからの学校生活にもみんなの協力できる力をぜひ活かして欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学2年でサッカーを始めたという髙良さんの幼い頃の話から始まりました。「日本代表になりたい」という夢を持ち、中学1年から親元を離れてサッカーに打ち込んだこと、夢を目指す中での大怪我など、困難に直面した時も、「チャレンジ」することを大切にして、夢への努力を続けていったという自身の経験を語りました。
髙良さんは、「うまくいかない時でも、自分がなりたいもの、やりたいことに向かってその現状を変えようと、どんどんチャレンジをしていった結果、自分は夢を叶えることができた。皆もこれから、自分の夢や目標に向かって、チャレンジをし続けていって欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo