スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.10

宮城県 石巻市立河南東中学校 2年1組

東 俊介

夢先生
東 俊介(ハンドボール)

photo

宮城県石巻市立河南東中学校2年1組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは元ハンドボール日本代表でキャプテンとしても活躍した東俊介さん。
「ゲームの時間」では東さんもクラスの中に入り、生徒と一緒にゲームに挑戦。上手くいかない時にはお互いにアイデアを出し合いながら協力し、見事クリアする事ができました。生徒と一緒に喜びを分かち合った東さんは「クリアできそうにないという時にも本気でやっていた姿が素晴らしかった。意見を言うのは恥ずかしいと思ったかもしれないけど、チームの為にという気持ちがあったから言ってくれたよね。これがチームワークだと思います」と伝えました。
「トークの時間」では東さんがハンドボールを始めてから、夢だった日本代表になるまでの話を披露。ダメだと言われることが大嫌いだった東さん。高校は強豪校に進んだもののレベルが高くてついていけません。「先輩からダメだなと言われるのがとても悔しかった。ダメじゃなくなるには2つの方法があった。1つはハンドボールを辞める事。もう1つは努力すること。自分は努力する方を選んだ」と当時を語りました。まとめの言葉では「努力する習慣をつけるとどんどん出来る事が増えていく。逆に諦める習慣がつくと何もできる様にならない。みんなには努力する習慣をつけて欲しいし、その方が人生楽しいと思う」と伝えました。

photo

photo