スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.10

宮城県 石巻市立河南東中学校 2年2組

東 俊介

夢先生
東 俊介(ハンドボール)

photo

宮城県石巻市立河南東中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは元ハンドボール日本代表でキャプテンとしても活躍した東俊介さん。
「ゲームの時間」では東さんと生徒が1つのチームとなりゲームに挑戦。困難な課題に対しても一生懸命に取り組んだ生徒は、失敗を繰り返しながら少しずつゴールに近づいていきました。一緒に挑戦した東さんは生徒に「みんなは一生懸命頑張る癖がついているので素晴らしい。あとはお互いに気持ちを伝えて、コミュニケーションを取れれば更に良いクラスになる」と伝えました。
「トークの時間」では東さんがハンドボールを始めてから、夢だった日本代表になるまでの話を披露。小学生の頃は高身長で運動音痴だった為、略してデッカイうんちと呼ばれていたという東さん。中学でハンドボール部に入ったのも「活動日が週1日だったから」とハンドボールとの出合いを語りました。その後「日本代表に入ってオリンピックに出場したい」という夢を持った東さん。夢を叶えるために自分に足りない所をすべて書き出し、克服していく事で高校日本代表、そして日本代表に入ることができたと語りました。話の最後に東さんは「自分の好きな自分になれるように努力する習慣をつけて欲しい。あの時、ああしておけばよかったなぁ、という事が無いように。あの時はまさに今だから!」と伝えました。

photo

photo