スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.10

宮城県 石巻市立河南東中学校 2年3組

安永 聡太郎

夢先生
安永 聡太郎(サッカー)

photo

宮城県石巻市立河南東中学校2年3組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の安永聡太郎さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に安永さんがサッカーボールを使ってキックを披露。正確なコントロールに生徒から歓声が上がりました。その後は安永さんと生徒がゲームを通して交流。諦めずに何度もチャレンジを繰り返した生徒に安永さんは「最初はクリアが無理だと思った人もいたかもしれないけど、それでも一生懸命取り組んでくれたのは素晴らしかった」と伝えました。
後半の「トークの時間」では、安永さんが「プロサッカー選手になる」という夢を持ち、その夢を叶えるまでの話を披露。地元では「スーパージャイアン」だった安永さん。自己肯定感と承認欲求が強かった為、どんどん練習してサッカーも上達していきます。しかし中学2年生になり、世代別の日本代表に選ばれると、自分を認めてくれない環境に自己肯定感も承認欲求も低くなります。大切なのは自分を周りと比べる事ではなく、自分を成長させることだとその時気付くことの出来た安永さんは、その挫折を乗り越えて、高校卒業後に見事プロサッカー選手になることができたと語りました。話の最後には「自分の成長を大切にできるかどうかが大事とみんなに伝えたかった」と伝えました。

photo

photo