スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.08

宮城県 利府町立利府西中学校 2年1組

三原 直樹

夢先生
三原 直樹(サッカー)

photo

宮城県利府町立利府西中学校2年1組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の三原直樹さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に三原さんがキックを披露。正確なコントロールに生徒は歓声を上げていました。その後は三原さんと生徒が1つのチームとなりゲームに挑戦。最初は意思の疎通に時間のかかっていた生徒も、失敗を重ねるうちにスムーズにコミュニケーションできるようになりました。一緒に挑戦した三原さんは「みんなこの35分で明らかに変わった事。それは声が出るようになったこと。個人でやるよりも協力してやる方が難しいけど、達成した時の喜びは大きかったよね」と伝えました。
「トークの時間」では、中村さんがサッカーを始めてから夢を叶えるまでの話を披露。「プロサッカー選手という夢に向かうまでに様々な挫折があった」と語り、その挫折の度に両親に相談し、言葉をかけてもらうことで乗り越える事が出来たと伝えました。話の最後には「みんなに伝えたかったのは周りに感謝する事。これが夢を叶える時に大切だと思う」と生徒へメッセージを伝えました。

photo

photo