スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.09

宮城県 利府町立利府西中学校 2年3組

内田 翔

夢先生
内田 翔(水泳自由形)

photo

宮城県利府町立利府西中学校2年3組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、競泳日本代表として北京オリンピックに出場した内田翔さん。
「ゲームの時間」では内田さんと生徒が1つのチームとなりゲームに挑戦。失敗を繰り返しながらもお互いの意見をすり合わせながら、少しずつクリアに近付いていきました。ラストチャンスで見事クリアした生徒に内田さんは「みんな途中でいろいろな意見を出してくれた。クリアに向かって全員が全力で取り組む、これがチームだと思う。すごくワクワクしたし、人生にはこのワクワクが必要だと思う」と伝えました。
「トークの時間」では、内田さんが水泳を始めてから北京オリンピックに出場するまでの話を披露。高校3年生までは各年代の全国大会で優勝を続けていた内田さん。このままオリンピック出場という夢も叶えられるのではないかと思っていましたが、大学に進学し一人暮らしを始めると、睡眠時間や食事など生活習慣の面で不規則になってしまい、中学校時代のタイムに逆戻りしてしまいます。水泳を辞めてしまおうかと思うくらい悩んでいた時に、大学の友達だった前原君が「僕の夢はお前がオリンピックに出場しているのを見ることだ」と声をかけてくれた事で、水泳を辞めずに続ける事ができたと語りました。

photo

photo