スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.10.03

宮城県 石巻市立万石浦中学校 2年1組

稲若 健志

夢先生
稲若 健志(サッカー)

photo

宮城県石巻市立万石浦中学校2年1組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の稲若健志さん。
「ゲームの時間」では、稲若さんと生徒が一緒にゲームに挑戦。お互いに意見を出し合いながら、諦めずにクリアを目指しました。
稲若さんは、「それぞれが考えていることを発信して意見を出し合い、チームとして挑戦をすること。今日の経験をまた今後の学校生活に活かして欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、小学2年でサッカーを始めた稲若さんが、小学5年生の時に「プロサッカー選手になりたい」という夢を持ったという、少年時代の話から始まりました。
しかし、その後は夢を強く持っていても、中学・高校と壁にぶつかった稲若さん。高校を卒業し海外に挑戦をした後も、大きな挫折を味わいます。それでも、「自分で決めたことだから」と諦めずに挑戦し続けた結果、アルゼンチンでプロサッカー選手という夢を叶えることができたそうです。
「夢が叶うか、叶わないかというところでは、最後はやっぱり自分。自分が決めたことを、最後までやり抜く信念を持って欲しい」とメッセージを伝えました。

photo

photo