スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.09.25

福島県 いわき市立植田中学校 2年2組

久光 邦明

夢先生
久光 邦明(フットサル)

photo

福島県いわき市立植田中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元フットサル選手の久光邦明さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に生徒にも協力してもらいながら久光さんがキックとリフティングを披露しました。その後は久光さんもクラスの中に入り一緒にゲームに挑戦。様々なゲームを通して生徒はチームワークの大切さを味わっていました。久光さんは生徒に向け「みんな元気にゲームに取り組んでいて素晴らしかった。ただゲーム中に仲間にかける言葉、普段クラスメイトへの言葉の使い方をもっと大事にしてほしい。そうすれば更に良いクラスになると思う」と伝えました。
「トークの時間」では、久光さんが小学1年生でサッカーを始めてから、フットサルと出会い、プロフットサル選手になるまでの話を披露。「自分の想いを行動にしなかった時は夢(プロサッカー選手になる)から離れていったし、叶える事は出来なかったけど、悔しい想いを行動に移すことで新しい夢(プロフットサル選手)に近づいていく事が出来た」と語り、話のまとめとして「みんなにも諦めずに行動に移して欲しい」と伝えました。

photo

photo