スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.09.25

福島県 いわき市立植田中学校 2年3組

富平 辰文

夢先生
富平 辰文(K-1)

photo

福島県いわき市立植田中学校2年3組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元K-1選手の富平辰文さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に富平さんがキックのデモンストレーションを披露。生徒に協力してもらい、打ち込むマットを持ちその威力を体感してもらうと大興奮。その後は、富平さんも生徒の中に入り、1つのチームとしてゲームに挑戦。上手くいかない時には作戦タイムで、作戦を立てながら少しずつゴールに近づいていきました。富平さんは一緒に挑戦した生徒に向け「こうやってまとまらないといけない場面は、みんな1人1人がクラスを引っ張ろうというリーダーシップを発揮する事が大切。その為には思っている事を発言したり、自分の考えをまわりに伝えて欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、富平さんが空手を始めてから、K-1選手として活躍するまでの話を披露。「K-1のチャンピオン」という夢を叶えるために臨んだジャパングランプリ決勝。身長185cmの富平さんが2m5cmのボブ・サップ選手を相手に、後がない状況まで追い込まれます。しかし最後の最後まで諦めずに挑み続けた結果、判定にもつれ込むまで白熱した試合になったと当時のエピソードを語りました。富平さんは「こんな大きい相手に最後までやりきったという事が大きな自信になり、今の仕事にも生きている。みんなも自信を積み重ねて成長していって欲しい」と生徒に伝えました。

photo

photo