スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.09.17

福島県 広野町立広野小学校 5年1組

石川 直生

夢先生
石川 直生(キックボクシング)

photo

福島県広野町立広野小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロキックボクシング選手で元フェザー級日本チャンピオンの石川直生さん。
「ゲームの時間」では最初にキックのデモンストレーションを披露。その迫力に児童から歓声が上がりました。デモンストレーションの後は、石川さんと児童が1つのチームになりゲームに挑戦。上手くいかない時には作戦タイムでお互いの意見を出し合いながら、諦めずにチャレンジする事で見事クリアする事ができました。一緒に挑戦した石川さんは「みんなはチームワークが良い、頭も良い。だから最初から真剣に取り組む事が大切」と伝えました。
「トークの時間」では、石川さんがキックボクシングを始めてからチャンピオンになるまでの話を披露。19歳でプロデビューした後、2連勝のあと3連敗してしまった石川さんでしたが「まわりの言葉」に励まされ続ける事が出来たと語りました。その後、強敵相手に7連戦をするという強行日程をこなす中、大好きだった母親が亡くなるという辛い経験も「夢」があったから乗り越える事が出来たと語りました。石川さんは最後に「ピンチや壁は乗り越える事でチャンスになるし、夢に近づいていく。だからみんなにも壁があったら乗り越えて欲しい」と伝えました。

photo

photo