スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2012.06.27

千葉県 旭市立中央小学校 5年A組

京谷 和幸

夢先生
京谷 和幸(車椅子バスケットボール)

photo

旭市立中央小学校5年A組の児童を対象に行われた「スポーツ笑顔の教室」。車いすバスケットの京谷和幸さんが夢先生を務めました。京谷さんはデモンストレーションでシュートを披露。最初は普段使っているボールよりも軽いため、なかなか決まりませんでしたが「これがラスト!」と今までよりも一番遠い距離からシュート。見事決まり児童からも歓声があがっていました。「対話の時間」では、「人を大切にしていると、いい出会いがある。また目標に向かって一歩踏み出し行動を起こすと違ったものが見えてくる。夢を持つと楽しいんだよ。行動を起こした後の変化に気づくことが大切。もし夢が叶わなくても、行動を起こした後の変化をみんなには感じてほしい」と児童たちにメッセージを伝えました。

photo

photo