スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.08.23

岩手県 久慈市立久慈中学校 2年D組

梅田 翼

夢先生
梅田 翼(フットサル)

photo

岩手県久慈市立久慈中学校2年D組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは元フットサル選手の梅田翼さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に梅田さんがGKのセービングをデモンストレーションとして披露。その後は梅田さんと生徒達が1つのチームとなりゲームに挑戦。上手くいかない時には作戦タイムを取り、お互いに意見を出しながら作戦を立ててチャレンジを続けました。
「トークの時間」では、梅田さんがフットサル選手になるまでの話を披露。高校卒業まではサッカー部に入っていた梅田さん。「練習から失敗をしない」というのをテーマに全国高校サッカー選手権大会出場を目指しますが、高校3年生時には東京都ベスト4。プロサッカー選手になるという夢を失ってしまいます。一度夢を諦めた梅田さんですが、友達がフットサルの大会に誘ってくれたのがきっかけで「フットサル選手」という夢ができました。「当たり前の質」を上げる。「失敗から学ぶ」事で24歳の時に夢を叶える事ができました。まとめでは「夢の叶え方は人それぞれ。夢に向かっていくと上手くいかないことは必ず出てくる。失敗することもたくさんあるけど、失敗を恐れるのではなく、失敗から学んで進んでいってほしい。全てを自分事として考えチャレンジしてほしい」と生徒達にメッセージを送りました。

photo

photo