スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.08.27

岩手県 宮古市立鍬ヶ崎小学校 5年1組

名良橋 晃

夢先生
名良橋 晃(サッカー)

photo

岩手県宮古市立鍬ヶ崎小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、サッカー元日本代表でフランスワールドカップに出場した名良橋晃さん。
「ゲームの時間」では冒頭に名良橋さんが児童とのリフティングを披露。その後は名良橋さんもクラスの中に入り、チームワークゲームに挑戦。名良橋さんと児童がコミュニケーションを取りながら様々なゲームに取り組みます。うまくいかない時は、全員でアイデアを出しながら作戦を立てて再挑戦。少しずつゴールに近づいていきました。まとめの言葉で名良橋さんは「ゲームに取り組む中で、思っていた事・考えていた事がそれぞれあったと思う。それをまわりに言ったり、伝える事で更に良いクラスになると感じました」と児童に伝えました。 
「トークの時間」では、名良橋さんがサッカーを始めてから「プロサッカー選手になって、ワールドカップに出場する」という夢を叶えるまでの話を披露。23歳で日本代表に初選出された名良橋さん。代表落選を経験し、それでも諦めなかったからこそ夢を叶える事が出来たと語りました。身近な目標を持つことが大切だと伝え、上手くいかず気持ちが落ち込んだ時には「あきらめない気持ち、協力と努力」を積み重ねる事で乗り越えていく事が出来たと語りました。

photo

photo