スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

馬場 摩実先生のレポート

一覧へ

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.08.22

岩手県 洋野町立角浜小学校 5・6年1組

馬場 摩実

夢先生
馬場 摩実(フィギュアスケート)

photo

岩手県洋野町立角浜小学校5・6年生の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元フィギュアスケート選手の馬場摩実さん。
「ゲームの時間」では、馬場さんと児童達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。うまくいかない時は、皆で意見を出して作戦を立てながらゲームのクリアを目指しました。
「トークの時間」では、冒頭に馬場さんが実際に競技で使っていた衣装やスケート靴を使いながら児童達にフィギュアスケートの演技について説明をし、スケートが大好きだった話から夢を持つまでの話を伝えました。そして競技を引退をしてからは、トレーナーとしてオリンピックへ選手を連れて行くという夢を持った馬場さん。
授業の終わりに、まとめの言葉として「皆まずは好きな事を見つけてほしい。そしてその事を大切にしながら続けてみてほしい。その先に夢ができたら諦めないでチャレンジをしてほしい。」というメッセージを児童達へ送りました。

photo

photo