スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.22

岩手県 宮古市立磯鶏小学校 5年2組

奥井 諒

夢先生
奥井 諒(サッカー)

photo

岩手県宮古市立磯鶏小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を行いました。
夢先生を務めたのはプロサッカー選手として大宮アルディージャで活躍する奥井諒選手。
「ゲームの時間」では冒頭に奥井さんがキックを披露。体育館のステージから蹴ったボールを反対側にあったバスケットのボードに1発で当てると、見ていた児童・先生から拍手が起こりました。その後は奥井さんもクラスの中に入り、1つのチームとしてゲームに挑戦。最後まで諦めずにチャレンジした結果、ラストワンチャンスでクリアする事が出来ました。
「トークの時間」では奥井さんがサッカーを始めてから、夢だったプロサッカー選手になるまでの話を披露。高校生になった奥井さんはU-17日本代表に選ばれ、世界大会に出るという経験をします。しかしそのメンバーの中で高校卒業直後にプロサッカー選手になれなかったのは2人。そのうちの1人が奥井さんでした。大学2年生の時に、当時一緒にプレーしていた仲間がJリーグで活躍している姿を見た事で「本気でプロサッカー選手を目指そう」とスイッチが入ったと語りました。その後、プロサッカー選手になることの出来た奥井さんは今の目標として「10年間はプロサッカー選手として活躍するのが目標。あと3年はプレーしたい」と児童に伝えました。

photo

photo