スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

髙橋 靖彦先生のレポート

一覧へ

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.17

宮城県 気仙沼市立唐桑中学校 2年1組

髙橋 靖彦

夢先生
髙橋 靖彦(ラート)

photo

宮城県気仙沼市立唐桑中学校2年1組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ラートで世界チャンピオンにも輝いた髙橋靖彦選手。
「ゲームの時間」では髙橋さんもクラスの中に入り生徒と一緒にゲームに挑戦。上手くいかない時にはお互いのアイデアを出し合いながら作戦を立てます。諦めずに何度も挑戦した結果、見事クリアする事が出来ました。一緒に活動した髙橋さんは「作戦タイムではみんな色々なアイデアを出してくれた。実行できたものとできなかったものがあったけど、大事なのは色んな意見を出してみるという事。みんなは素晴らしかった」と伝えました。
「トークの時間」では、髙橋さんがラート選手として、世界チャンピオンに輝くまでの話を披露。1人でコツコツやるのが得意な性格の髙橋さん。ラートも自分でコツコツ努力を積み重ねた結果、大学4年生で日本代表に選ばれることが出来ました。しかし、その後は努力しているにも関わらず結果の出ない期間が続きます。色々な人から話を聞き、積極的にまわりの人から吸収しようと行動した結果、日本チャンピオン、そして世界チャンピオンになることが出来ました。話の最後には「みんなも夢を叶えたいなら自分から積極的に行動する事が大切」と伝えました。

photo

photo