スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.12

宮城県 利府町立しらかし台中学校 2年2組

安永 聡太郎

夢先生
安永 聡太郎(サッカー)

photo

宮城県利府町立しらかし台中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の安永聡太郎さん。
前半の「ゲームの時間」では、冒頭に安永さんがサッカーボールを使ってキックを披露。その後は安永さんもクラスの中に入り1つのチームとしてゲームに挑戦。諦めずに全員で協力した挑戦した結果、見事クリアする事が出来ました。一緒に挑戦した安永さんは「このゲームを通して人によって輝ける場所が違うという事を感じたと思う。みんなは楽しむ事が1番大切だと思う。世の中に出たら辛い事の方が多い。だからみんなにはそんな中で楽しみ方を見つける事の大切さを伝えたかった」と語りました。
後半の「トークの時間」では、安永さんがサッカーを始めてから「プロサッカー選手になる」という夢を持ち、その夢を叶えるまでの話を披露。三日坊主だった安永さんは最初サッカーを始めた時も1週間で辞めます。その後、友達が頑張り方をアドバイスしてくれた事でサッカーを再開することに。中学に入ってからは部活で1番上手い先輩の真似をするという頑張り方で全国大会出場。先輩が卒業してからは、真似でなく自分に合った努力を考えてやるようになったと語り「自分に合った頑張り方、今のベストを続ける事が夢に近づく方法」と伝えました。

photo

photo