スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.11

岩手県 宮古市立第二中学校 2年A組

加藤 大志

夢先生
加藤 大志(サッカー)

photo

岩手県宮古市立第二中学校の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元Jリーガーの加藤大志さん。
「ゲームの時間」では、加藤さんと生徒が一緒になってゲームに挑戦。最初はなかなかうまくいかない時もありましたが、クラスで達成をするためにアイディアを出し、作戦を立てて、最後まで諦めずに挑戦をしました。加藤さんは、「何事も本気でやるからこそ楽しさが生まれる。これからまだまだ、自分の気持ち次第でこの楽しさを味わえると思うので、ぜひ"本気"で取り組むことを大切にして欲しい」とこの時間をまとめました。
「トークの時間」では、加藤さんがサッカーと出会ったきっかけや、夢を持ったこと、その夢を追いかける中での苦しかったことを、自身の経験をもとに語りました。壁にぶつかった時、そこで諦めてしまうという選択も一つですが、自分は「諦められなかった」と語る加藤さん。現状を変えようと考えることで、仲間の大切さや、自分の「武器」を見つけてそれを磨き続けた結果、Jリーガーという夢を叶えたという自身の経験を語りました。「夢に向かう中では、変えられるものと変えられないものがある。変えられないものに悩むのではなく、自分の力で変えられるものを工夫して、皆も夢へと向かって行って欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo