スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.10

宮城県 岩沼市立岩沼小学校 5年3組

髙橋 成美

夢先生
髙橋 成美(フィギュアスケートペア)

photo

宮城県岩沼市立岩沼小学校5年3組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、フィギュアスケートでソチ五輪に出場した髙橋成美さん。
「ゲームの時間」では髙橋さんと児童が1つのチームになりゲームに挑戦しました。何度も失敗しながら、みんながチームの為にと力を合わせて一生懸命協力。少しずつゴールに近づいていった児童に、髙橋さんは「みんなが力を合わせれば何でもできる。今日の時間をそういうきっかけにしてもらえたら嬉しい」と伝えました。
「トークの時間」では、髙橋さんがフィギュアスケートを始めたきっかけや、ペア種目に挑戦しソチ五輪に出場するまでの話を披露。昔から目立ちたがり屋だった髙橋さん。様々なスポーツに興味を持ちますが、1998年の長野五輪を見ていた時に、綺麗なお洋服を着て、お化粧をして人前で演技するフィギュアスケートの選手に憧れて「フィギュアスケートで五輪に出る」という夢を持ったと語りました。最後のまとめの言葉では「みんなもやりたい事や目標があるのであれば、とにかく自分で選択して全力で行動して欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo