スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.09

宮城県 利府町立利府中学校 2年5組

髙良 亮子

夢先生
髙良 亮子(サッカー)

photo

宮城県利府町立利府中学校2年5組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元女子サッカー日本代表で活躍した髙良亮子さん。
「ゲームの時間」の冒頭には、デモンストレーションとしてキックを披露。その後は、髙良さんと生徒が協力しながらゲームに挑戦しました。途中うまくいかなくなった時には、みんなで声を掛け合いながらどうしたら上手くいくのかを考え挑戦。一緒にチャレンジした髙良さんは生徒に「一生懸命取り組む事の大切さを学んでくれたら嬉しい」と声をかけていました。
「トークの時間」では、髙良さんがサッカーを始めたきっかけや「なでしこジャパン」に選ばれ、海外に挑戦するまでの話を披露。中学校からの寮生活では辛くて何回も辞めようと思った事もあったけど、自分の夢がいつも頭の片隅にあったから、苦しいことも乗り越えられたと伝えました。まとめの言葉では「自分の夢を発表してくれた子は1つチャレンジが出来たという事。そういうチャレンジを積み重ねていって夢を叶えて欲しい」とメッセージを送りました。

photo

photo