スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.07.02

宮城県 塩竈市立玉川中学校 2年2組

稲若 健志

夢先生
稲若 健志(サッカー)

photo

宮城県塩竃市立玉川中学校2年2組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。 夢先生を務めたのは、元プロサッカー選手の稲若健志さん。
「ゲームの時間」の冒頭では稲若さんがデモンストレーションとして生徒たちとのパス交換を披露しました。正確なボールコントロールを見た生徒たちからは拍手と歓声が上がりました。その後は稲若さんと生徒達がチームとなりゲームにチャレンジしました。どうしたらゲームをクリアできそうか、皆でアイデアを出し合って作戦を立てながらゲームのクリアを目指しました。
まとめの言葉で稲若さんは「元気で明るいクラスで素晴らしい。皆で一つの方向を決める時は自分の意見に自信を持ってまわりの皆に伝えてほしい。意見に間違いは無いので、これからも皆で力を合わせて頑張ってほしいです。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、稲若さんがサッカーを始めたきっかけや、試合に出られない時には家族が影で支えがあったから夢に向かって諦めないで進めたというエピソードを伝えました。まとめの言葉として稲若さんは「失敗をして起き上がる時に、何を掴んで起き上がれるかが大切。そして夢を持ったら自分に自身を持って、信念を持って頑張ってほしいです。」というメッセージを送りました。

photo

photo