スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.06.26

宮城県 多賀城市立多賀城中学校 2年4組

佐藤 悠介

夢先生
佐藤 悠介(サッカー)

photo

多賀城市立多賀城中学校2年4組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。 夢先生を務めたのは、元Jリーガーの佐藤悠介さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に佐藤さんと生徒が一緒にロングパスの交換をするデモンストレーションを披露しました。その後は佐藤さんと生徒達が1つのチームとなりゲームに挑戦しました。うまく皆で意見を出し合いながらどうしたらゲームをクリアできるか作戦を立ててチャレンジをしました。まとめの言葉として佐藤さんは「皆で意見を出し合って取り組む事ができた。一人は皆のために皆は一人のためにという言葉がある。これからも協力して活動をする場面があると思うので、今日の事を生かしてほしい。」というメッセージを送りました。 
「トークの時間」では、佐藤さんがサッカー選手になりたいという夢を持った頃の話や、日々の生活でやらなければならない事は全てがサッカー選手になるために必要な事、夢を叶えるための一歩なんだと思うようにして色々な事を乗り越えたという話を披露しました。まとめの言葉として佐藤さんは「Jリーガーになるという夢を叶えた瞬間は、まわりの人への感謝の気持ちでいっぱいになった。周りの人の応援があったから頑張る事ができた。皆も夢や目標を持ったら、それに向かって全力で取り組んで夢の扉を開いてほしい。」というメッセージを伝えました。

photo

photo