スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.06.18

福島県 相馬市立日立木小学校 5年1組

冨金原 徹

夢先生
冨金原 徹(フットサル)

photo

福島県相馬市立日立木小学校5年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、フットサル日本代表でゴレイロとして活躍した冨金原徹さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に冨金原さんと児童がPK対決。華麗なセーブに児童は歓声を上げていました。その後は冨金原さんと児童が1つのチームとなりゲームに挑戦。作戦タイムでお互いのアイデアを出し合いながら少しずつゴールに近づいていきました。残念ながらあと一歩の所でクリアを逃してしまった児童に冨金原さんは「一生懸命頑張っても出来ない事がある。でも1つ言えるのは少しずつ成長できたという事。チャレンジする事で成長できるので、覚えておいてほしい」と声をかけました。
「トークの時間」では、冨金原さんがフットサルを始めたきっかけや、フットサル日本代表選手になるまでの話を披露。正しいか分からなくても自分で決めたことをやり続けた事、そしてチャレンジを繰り返しながら少しずつ成長できた事で夢を叶える事が出来たと語りました。まとめの言葉として「チャレンジをすることで成長する。みんなにはどんどんチャレンジして欲しい」と児童にメッセージを送りました。

photo

photo