スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.05.31

宮城県 気仙沼市立気仙沼中学校 2年2組

小口 貴久

夢先生
小口 貴久(リュージュ)

photo

宮城県気仙沼市立気仙沼中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、リュージュで3度のオリンピックに出場した小口貴久さん。
「ゲームの時間」では、小口さんと生徒が協力しながらゲームに挑戦。何度か失敗すると作戦タイムの時間でお互いのアイデアを出しながら、どうやったらクリアできるのかを話し合います。見事クリアした生徒に小口さんは「良いクラスだなと思いました。それはなぜかというと、ミスをした時に何が取りなかったかを考えられるから。これからもぜひ続けて欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、小口さんが夢を叶えるまでの話を披露。親の薦めでリュージュを嫌々やっていたという小口さん。長野オリンピックを間近で見たことにより、リュージュでオリンピックに出たいという夢ができました。その後は夢のために、常に何をしたらいいのかを考えるようになったと話し「本気で取り組む事、そして自分で考えてやってみる事が大切」とメッセージを送りました。

photo

photo