スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.05.14

宮城県 岩沼市立玉浦中学校 2年2組

諸隈 直樹

夢先生
諸隈 直樹(バレーボール)

photo

宮城県岩沼市立玉浦中学校2年2組の生徒を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元バレーボール選手の諸隈直樹さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に諸隈さんがスパイクのデモンストレーションを披露しました。スパイクのボールスピードと迫力に生徒達は驚いていました。その後は諸隈さんと生徒達が1つのチームとなりゲームにチャレンジしました。どうしたらゲームをクリアできそうか、皆で作戦タイムを繰り返しチャレンジし続けました。ゲームの時間のまとめでは「皆が協力しないとうまくいかないけど、そのために話すこと聞くことをしなければいけない。聞くことはできていたから、もう少し自分の意見を言えるようにしよう」と感想を伝えました。
「トークの時間」では、諸隈さんがバレーボールと出会い、夢を叶えるまでの話を披露しました。何事もまずは1度やってみること、チャレンジしてみることが夢に繋がっていくと伝え、夢や目標があるから苦しい事や辛い事も乗り越えられたと熱く語り掛けました。まとめでは「夢や目標を叶えるためには、①今を「全力」でやる。②自分から「仲間を大切にする」③「行動力」やらないと何も始まらない。という3つの事を覚えておいてほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo