スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

月別アーカイブ

2020  

2019  

2018  

2017  

2016  

2015  

2014  

2013  

2012  

2011  

夢先生の紹介へ

    

    

2019.02.19

福島県 南相馬市立原町第二小学校 5年2組

越本 隆志

夢先生
越本 隆志(ボクシング)

photo

南相馬市立原町第二小学校5年2組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、WBCフェザー級王者の経験を持つボクシングの越本隆志さん。
「ゲームの時間」では、越本さんと児童たちが一緒のチームになり、ゲームに挑戦。
うまくいかない時はどうしたらゲームをクリアできそうか、皆でアイデアを出して作戦を立てながらチャレンジをし続けました。
まとめの言葉として越本さんは「皆が考えて意見してルールを守って動くことができた。皆で協力する雰囲気もあって、とても良い時間になったと思います。これからの学校生活にも今日のこの時間を思い出して生かしていってほしいです。」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、越本さんがボクシングを始めてから世界チャンピオンになるまでの話を披露しました。
幼少期は運動があまり得意ではなかったし、うまくいかない時はたくさんあったけれど、35歳で世界チャンピオンになることができた。それはまわりに応援してくれる人がいたから。チャンピオンのベルトは応援してくれた皆の思いが詰まった、皆で勝ち取れたベルトで、それを今自分が預かっていると思っているという越本さん。まとめの言葉として「夢は変わる事もあるし、夢が叶った後にも次の夢ができるものだと思う。皆もあきらめずにチャレンジを続けて頑張ってほしいです。」というメッセージを送りました。

photo

photo