スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.02.05

宮城県 石巻市立鹿又小学校 6年1組

佐藤 久佳

夢先生
佐藤 久佳(水泳)

photo

宮城県石巻市立鹿又小学校6年1組の児童を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、競泳日本代表選手として北京オリンピックで銅メダルを獲得した佐藤久佳さん。
「ゲームの時間」では、佐藤さんと児童が協力しながらゲームに挑戦しました。全員の気持ちが揃えばクリアというゲームでは苦戦しましたが、何度も何度もチャレンジを繰り返す事で少しずつお互いの気持ちや考えを理解していました。最後クリアする事の出来た児童に佐藤さんは「作戦をまとめるのに時間がかかったよね。今日のようなみんなで頑張ろうという時にはチームワークを大事にして欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、佐藤さんが水泳を始めてから北京オリンピックで銅メダルを獲得するまでの話を披露。自己新記録を更新する事に水泳の面白さを感じていた佐藤さん。しかし自分の為に頑張るだけでは、挫折は乗り越える事が出来なかったと話を続けます。「自分の為だけではなくまわりの為にと思うと、上手くいかない時でも頑張る事が出来たと」語った佐藤さんは話の最後に「その日の自分の100%の頑張りが出来ているかというのが大事。常に考えて欲しい」と来年度から中学校に進学する6年生に向けメッセージを送りました。

photo

photo