スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.24

茨城県 東海村立照沼小学校 5・6年1組

吉田 望

夢先生
吉田 望(ラート)

photo

茨城県東海村立照沼小学校5・6年1組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、ラートパフォーマーの吉田望さん。
「ゲームの時間」では、吉田さんと児童達が1つのチームとなってゲームに挑戦しました。うまくいかない時は、皆で意見交換をして協力する事でゲームのクリアを目指しました。まとめの言葉として吉田さんは「勝ったら嬉しい、負けたら悔しい。みんなで取り組んでやると、協力し合うことの大切さがシンプルに分かる。意見がたくさん出てきて、どんどんクリアに近づくことができた」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、吉田さんがラートに出会った時の話、大きなケガをしてしまったときの話、その時期をどう乗り越えたのかという話を披露しました。何かを変えたいと思い、「言葉」にして「行動」を起こしたことで道が開けたという吉田さん。まとめの言葉として「夢に向かっていく時、苦しい事もあるかもしれないけど、好きなことを見つけて、周りに感謝の気持ちを持ち、プラスの言葉をかけて、目標を持ったら行動してほしい」というメッセージを送りました。

photo

photo