スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.24

岩手県 宮古市立第一中学校 2年2組

法師人 美佳

夢先生
法師人 美佳(サッカー)

photo

岩手県宮古市立第一中学校2年2組の生徒を対象に「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのはユニバーシアード女子日本代表や、なでしこリーグで活躍した、サッカーの法師人美佳さん。
「ゲームの時間」では、生徒とチームワークゲームを通して交流。生徒はクリアに向けて意見を出し合いながら、何度も挑戦していました。法師人さんは「与えられた時間の中で大人が与えたルールでやること自体は楽しくないと思う。なぜなら受け身だから。でも最後の挑戦ではみんなから動いて考えていたから楽しかったように見えた。次の時間は自分が人生でそういう時があったという話をするので聞いて欲しい」と伝えました。
「トークの時間」では、サッカーを続けてきた中で、小学生時代に嫌がらせを受けたり、中学生時代は勉強、部活、人間関係などうまくいかなかったことなど、法師人さんが自身の経験を通して気づいたことを語りました。
法師人さんは「楽しいかつまらないか、決めているのは自分。自分の決めた道・夢でも実際描いていたような部分はほんの1%かもしれない。でもその1%が楽しめているなら頑張れるし、頑張るべきだと思う。頑張れない事、出来ない事、やりたくない事でも楽しい思える瞬間があるはず。だからみんなには自分で決めて欲しいし、人生を楽しんでほしい」とメッセージを送りました。

photo

photo