スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.23

茨城県 東海村立舟石川小学校 5年2組

久光 邦明

夢先生
久光 邦明(フットサル)

photo

茨城県東海村立舟石川小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、元フットサル選手の久光邦明さん。
「ゲームの時間」では、冒頭に、久光さんがデモンストレーションとしてボールキープを披露。児童たちがボールを奪うことができるかチャレンジをしました。その後は、久光さんと児童たちが対戦するゲームに挑戦しました。まとめの言葉で久光さんは「皆で協力できたことが素晴らしかった。皆がクリアしたいという気持ちで意見を出し合ったから、良い結果につながった」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、久光さんの少年時代から話が始まり、フットサルを始めたきっかけや、夢を叶えるまでの話を披露しました。強い人たちの中で練習をする事で、気付かされることが多くあったし、弱いチームに行ったから、自分の長所を伸ばそうと思えたという久光さん。まとめの言葉として、「想いがあっても何もしなければ夢は叶わない。想いが強く行動していくことで夢は近づく。人一倍の強い想いを持って行動してほしい。人に対しても、想いと行動ができるような人になってもらいたいと思います」と児童達へメッセージを伝えました。

photo

photo