スポーツ笑顔の教室

アスリートが学校で、子どもたちといっしょに学ぶ。特別な授業。

夢先生と子どもたちが遊びと対話を通してコミュニケーションを図っていくなかで、子どもたちが笑顔や元気、自信を取り戻し、自身の力や可能性について気付けるよう導いていくものです。原則として小学校5年生、中学校2年生を対象に、クラス単位で実施します。

学校名検索

夢先生の紹介へ

    

    

2019.01.18

茨城県 日立市立塙山小学校 5年2組

大島 めぐみ

夢先生
大島 めぐみ(陸上競技長距離・マラソン)

photo

茨城県日立市立塙山小学校5年2組の児童を対象に、「スポーツ笑顔の教室」を実施しました。
夢先生を務めたのは、シドニーオリンピック、アテネオリンピックと2回のオリンピックに出場した経歴を持つ元マラソン選手の大島めぐみさん。
「ゲームの時間」では、大島さんと児童達が1つのチームとなりゲームに挑戦しました。うまくいかない時は作戦タイムで意見を出し合い協力する事でゲームをクリアしていきました。まとめの言葉として大島さんは「みんながゲームをクリアしたいという気持ちを1つにしたから、真剣に取り組む気持ちが強くなった。みんなが心を1つにして取り組めたことが良かった」というメッセージを送りました。
「トークの時間」では、大島さんがマラソンを始めたきっかけや、夢を持った頃の話、そして夢を叶えるまでの話を披露しました。難しいと思うことでも、自分が大好きな事を適当にやるのが嫌だったから、今できることを一生懸命頑張ったと熱く語りかけました。最後に大島さんは「夢を見つけて叶えるまで順調ではなかったけど、うまくいかなかった時、“考えて行動する”“自信を持つ”“諦めない気持ちを持つこと”で乗り越えることができた。もし皆が落ち込んだ時は、今日の授業を思い出してほしい」というメッセージを送りました。

photo

photo